Img_80cf27a9d9cb90e3164366b8340b1a9b
Img_28166cdd9795434e99bc33ac88259ac8
 公園の若い樹木。
 何故だか、この樹の下は、楽園を思い起こさせます。
 異次元への入り口があるのかも。

***********

 中3長女の卓球部の最後の試合を
 次女と元旦那さんと見てきました。

 強豪チームとあたってしまい、
 ストレート負け。。。

 スポーツの試合は、実力の差は歴然としていて
 こればっかりは、どうしようもないですね。

 女子部キャプテンとして、
 (中学生女子は色々大変!)
 温厚に部をよくまとめました。
 (家族にはたまに愚痴ってましたが)
 
 内弁慶な彼女は、皆をまとめる立場になり
 苦手を克服して成長しました。
 担任の先生にも褒められて
 ハハはうれしかったよ。

 笑顔の部員達を写真に収めて
 あきらめないでやり遂げる
 って素敵やなあと
 心の中に清々しい風がふきました。

 元旦那さんは部員達に差し入れしてくれたり
 ご飯ごちそうしてくれたり買い物してくれたり。

 今日はありがとう!

 私とは数年前に夫婦ではなくなってしまったけれど、
 子供達の父親であることのは変わりないです。
 それは、死んだあとも。
 
 子供達の中に、時折見えるDNAの片鱗たち。

 それに向き合うには、
 元旦那さんには、彼の人生があって
 そのことを尊重していくことが
 大切な気がします。
 自分自身の人生も尊重していますよ。

 今は程よい距離感でお付き合い。

 家族には、色んな在り方がありますよ☆


 
出会った人に感謝

出会う人に感謝

これから出会う人に感謝

普段会う人にも

施術させて頂く人にも

今の私の持てるチカラを

最大限に使い

希望という光りがある

本来の道へと流れていくよう

生きています☆

一期一会、

一瞬に感謝しよう

応援して下さっている方々
ありがとうございます

 昔から
 水にご縁があります。

 住んでる土地にも水がついているし、
 海が近いし、今は埋め立てられてしまったけれど
 小さな川や滝もあったそうです。

 近くの川が、有志達の手で美しく、
 自然が復活してきました。
 最初の誰かの心が、だんだん皆に広がっていて
 素晴らしいなあと感じました。

 小学校の授業の環境学習にも取り入れられています。

 水辺の小さな生き物達。バーチャルなテレビやゲームより
 ずっと臨場感ありますよ!

 仕事も、水が関係してきそうです。

 トイレを毎日掃除して、感謝していたら
 トイレの神さまがご褒美くれました!

 各家庭で水を確保して、汚水をきれいな水に
 分解する。
 
 実現の方法は大分分かってきたので、
 自分で設計して監理までできるのが目標。

 きれいな水と空気は、
 生き物の必須条件だとおもってます。

 写真は、カーブのある天井。
 以前スパで入った円の浴槽に入った
 ときにも感じたんですが
 エネルギー的には円やカーブなど
 が気持ち良い感じがします^^

 

 
Img_139c08b68ba31e34eeb41c798152f1ce
カーブした天井
Img_eaf3eec14d5753937e146bf34d3d7f62
海から見た上立神岩
 沼島の旅、先週だけど
 遠い過去のような気もします。
 時間の感じ方が変わってきていますね。

 沼島は、島全体が何らかのパワーを発していて
 そこに行くだけで、エネルギーが充填されます。

 島を歩き回り、船から島の周囲の大きな岩を間近で
 みて、家に帰って感じたのは
 背骨にエネルギーが入ったよう。

 2時間山歩きで運動したのもあるかと思いますが
 背骨に、エネルギー充填感がとてもあります。

 海水浴も、岩のパワーが水に溶け込んで心身に良い影響が
 あるんじゃないかと感じました。

 沼島、行く前はおっかなびっくりだったのですが
 行ってみれば、おだやかな自然と
 温和な島民の方々が生活していらっしゃって
 緊張していた気持ちがほぐれました。

 生きのコミュニティバスと島への船の時間が3分しか余裕がなく
 間に合うのか?と不安でしたが、運転手さんが
 バスが着くのを待ってくれるので大丈夫だよとおしえてくれ
 ほっとしました。
 帰りの18時30発の船からのコミュニティバスは、
 高速バスのバス停までノンストップ^^
 19時26分発の舞子行きのバスに乗れば待ち時間はほんの少し☆
 これからバスで沼島に行こうと計画する方は、
 沼島の観光案内のHPを参考にしてくださいね〜。
  (Click!) 

 知らない土地や慣れないことを始めるときは、訳が分からず
 不安になることが多々あります。
 そんな時は 全ては上手くいっている と
 意図します。

 そうすると、そんな風にすすんでいきます^^

 全ては上手くいっている

 
Img_bb356f1acb1b974ee47b9e66bb7aa9ea
兵庫県立美術館の子供のワークショップへいってきました。

ペットボトルの蓋を渡されて、

「自由にしてね」

とスタッフさんより。

フリーのワークショップで未就学児から中学生くらいまでの
子供が、ふらりとやってきては、自由に配置しています。

小学生の次女は、壁のように積み上げることに熱中。

誰かの作品(?)をちょこっと参考にしつつ
大人に干渉されずに自由にもくもくと
蓋を積み上げていた次女。

子供って、興味のあることを追求していったほうが
身に付くんだろうなあ。
宿題なんて、嫌がってなかなかしないし^^;

テストでの評価や競争なんてなくなるといいなあ。

自由に協力しあったほうが、きっとみんな幸せに落ち着いた生活を
おくれるよ。
自分と他の人や自然を尊重する心ありきでね♪